AGA治療薬エフペシアの特徴

fpecia

エフペシアの有効成分はフィナステリドです。

発毛・育毛を阻害するホルモンの生成を抑え、発毛や育毛のブレーキを解除します。

フィナステリドは日本でも臨床試験が行われており、データによれば3年間継続して使用することで78%、現状維持、つまり薄毛の予防という意味合いでも98%の効果が報告されています。


エフペシアは今まで大きな健康被害の報告やはっきりした副作用が確認されておらず、その有効成分フィナステリドはミノキシジルと並んで日本皮膚科学会が作成するAGA診療指針で最も推薦できる成分とされています。

エフペシアは一錠にフィナステライド(フィナステリド)が1mg含まれており、一日一錠水とともに服用します。

出来るだけ毎日同じ時間に飲むようにしてください。

経口から服用するタイプの育毛剤なので塗るタイプに比べて手間がかからないのが特徴です。

エフペシア服用に際しての注意点は1日一錠を守ることです。

女性の服用は不可であり、特に妊婦さんは厳禁です。

エフペシアの副作用として性欲の減退や勃起不全が報告されていますが、特に大きな問題やはっきりした相関関係は報告されておりませんので特に心配する必要はないと言えます。

エフペシアをお使いの方のお声を紹介します。

今まではプロペシアを使っていましたが、エフペシアにきりかえました。

間違いなく抜け毛や退行は激減している気がします。

プロペシアに比べ割安で、箱も小さくコンパクトなのも好印象です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ