ロニタブの発毛効果と副作用

ロニタブ

ロニタブは、インドの大手製薬会社インタスファーマ社が売り出している、AGA治療薬ミノタブのジェネリックです。


インタスファーマ社は世界的にとても有名な製薬会社で、さまざまなジェネリック医薬品を開発しています。


主な成分はミノキシジル5㎎配合と10㎎配合の2種類があり、錠剤の内服薬となっているので外用薬よりも発毛効果が強く出る傾向にあります。

ロニタブの効果

発毛効果

ロニタブの主な成分であるミノキシジルは、元は高血圧の患者への血管を拡張させる薬として処方されていましたが、その後の研究により発毛効果があることが分かり発毛促進の効果があることが分かりました。


ミノキシジルは血管を拡張させる効果があるので、頭皮の血行を促進し毛母細胞が活性化し発毛します。


最低半年は飲み続け、効果を見てみましょう。

服用方法

コップ


1日1錠、24時間以上間隔を空けて水またはぬるま湯で服用して下さい。


時間を決め、毎日同じ時間に飲むようにしましょう。


食前・食間・食後指定はありません。

注意点

ロニタブ5mgには即効性というものはありませんが、しっかりと毎日飲み続けていくとだんだんとその効果が現れます。


服用方法を間違えると副作用が強く出てしまったり、十分な効果が得られない場合がありますのでご注意してください。

副作用

副作用


疲労感や息切れ、吐き気や嘔吐、めまいや痒みなどの軽い副作用や、
白血球減少症や血小板減少症などの重い副作用が起こる可能性もあります。
初期脱毛がある場合がありますが、一時的な症状です。

※ロニタブは内服薬なので、ミノキシジルなどの外服薬より副作用が強く出る場合があります。


AGA治療薬はすぐに結果が出るわけではありません。
根気よく続けることが大切です!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ