ミノキシジル製品「リアップ」紹介

RiUP

ミノキシジルは日本の大正製薬株式会社から販売され「リアップ」の商品名で頭部に塗布する外用薬として発売されています。

開発したのはアメリカにあるファイザー製薬株式会社です。

有効成分であるミノキシジルは血管を拡張させ毛根にある毛母細胞に作用し、細胞を活性化させ血流を増すことで発毛発育を促します。

もともとこの有効成分は、血圧をさげるための薬剤としてつくられましたが、多毛症の副作用がみられこの副作用が頭皮の発毛に効果があることが解明され現在は外用薬として販売されています。

ミノキシジルは朝と夜の1日2回、頭皮の脱毛部分に塗ります。

塗布後ミノキシジルが頭皮によく入り込むように手でマッサージします。

ミノキシジルは安全性が高く副作用はほとんどありませんが塗布部分に発赤やかゆみなどみられる場合があります。

又、個人によりめまいやむくみといった症状があらわれることがあります。

この様な症状があらわれた場合は使用を中心し医師、薬剤師にご相談下さい。

万が一、眼に入ってしまった際は、流水でよく洗いながしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ